氷華集


2021年7月

 氷華集          当月の雑詠から尾池和夫抄出
                        氷壺集
山辛夷寄りゆくほどに匂ひなく         仁田 浩
利腕の指太やかに新茶摘む           中島冬子
母牛を離れぬ仔牛山笑ふ            川上和昭
永き日や窓の大きな食堂車           鈴木春菜
緑摘むこと実習の始めとす           小嶌 和
感嘆詞幾つも付けて春の山           河村純子
三等三角点ここに花吹雪            野木正博
四肢の揺れ定まりすくと仔馬立つ        朝田玲子
出漁のエンジン音や朝雲雀           佐々木成
花人と目が合ふ庭の筵かな          三原真紀子
校庭の残花に雨や新任地            益子桂子
霾やモンゴル文字は縦書に           大石高典
栖鳳の屋敷に寄つて鳥帰る           山本真也
若芝や禁じられたるうさぎ跳び         古川邑秋
鳶かと惑はすごとき紙鳶かな          富沢壽勇
鶏の長鳴きの午後木瓜の花           真下章子
独り来し氷室の桜けぶり見ゆ         西五辻芳子
花菜漬一夜を借りし寺の朝           中井昭雄
若狭湾敦賀湾よと桜鯛             前田鈴子
                        氷室集
遠足の海に燥ぎて山の子ら           仁田 浩
蛇穴を出づ川幅の狭き土手           古川邑秋
かりかりと餌食む音よ春の暮          河村純子
うららかや磁器婚式と貝拾ひ          田中 勝
一と夜さの雨に芽吹けり小町塚         佐々木成
行く春や灯火消さぬ記念塔           小嶌 和
啓蟄や何か出さうな松の洞          西五辻芳子
樹海にて磁石誤作動春の雲           吉田達哉
救急箱使ふことなく春休            谷口文子
新緑の谷や尾灯の赤き列            碓氷芳雄
弁当の隙にと摘んで鶯菜           三原真紀子
迅雷や折しも月の朔日に            山本京子
霾やハルマッタンの砂の粒           大石高典
寛げば枝葉の音や春の森            野木正博
曇りきて色あはあはと蓮華草          朝田玲子
追ひ追はれ刻み足なり雉の雄         南田美惠子
長藤の揺るる先なり能舞台           丹羽康夫
川底の浅きに出づる泉かな           富沢壽勇
雨垂れの打てば揺るる葉蛙啼く         森 壹風
基地の中の夾竹桃や明易し          志多伯節子

2021年6月

 氷華集          当月の雑詠から尾池和夫抄出
                        氷壺集
きつね雨過ぎて桜の三分咲き         仁田 浩
手の長き猿が餌欲る日永かな         小嶌 和
公魚のぴくりぴくりと魚信あり        大石高典
鶯が百座踏破を祝ひくれ            野木正博
お水取の闇打つ雨や僧白衣           栗本德子
鶏頭の種蒔く窓に見ゆる庭           古川邑秋
屋根替や奪衣婆に降る茅の屑          真下章子
ターバンに似て非なるかなチューリップ     富沢壽勇
アンデスの朱鷺色の塩鰆焼く         西五辻芳子
菜の花やぐいぐいと空押し上げて        朝田玲子
熟するを待つアボガドや日の永し        川上和昭
よく食べる猫と本日春休            河村純子
よなぐもり退職届ポケットに          山本真也
掛軸に巻癖のあり雛飾る            酒井富子
光り落つる雪解雫や廃校碑           佐々木成
薄紙の皺ふんはりと雛納            益子桂子
門前の梅かはたれのバイク音          鴻坂佳子
この先は踏ねば行けぬ落椿           中島冬子
鳥寄せの体験初め山笑ふ           南田美惠子
                        氷室集
名水を汲むや伏見の花の下           仁田 浩
斧音のこだまに明くる春の杣          佐々木成
涅槃図や牛の後ろに猫丸く           古川邑秋
芳草や道草せむと馬の寄り           朝田玲子
逆光の瀬戸の多島や暮れかぬる         碓氷芳雄
啓蟄や増ゆる人出を避けて虫          大石高典
病癒ゆる東寺の僧よ花月夜           河村純子
辛夷咲くスカイツリーを果てに見て       小嶌 和
この小間にみな寄つて来る春炬燵        小川妙子
患者みな番号に呼ぶ春深し           酒井富子
林道の水たまりだに蝌蚪の群          野木正博
瀬戸内や音かりかりと潮干狩          田中 勝
喝采の声上ぐるごと白木蓮           富沢壽勇
葦牙や歩く速さの屋形船            鴻坂佳子
北に地震南に地震や落椿            谷口文子
春分や緑色岩の板碑群            森川惠美子
跳ぬる子の足元そこに土筆生ゆ        宮原亜砂美
二度寝せる産卵終へし赤蛙           丹羽康夫
あたたかや黒目を入るるぬひぐるみ       真下章子
合否待ち無重力めく受験生           小堀恭子

2021年5月

 氷華集          当月の雑詠から尾池和夫抄出
                        氷壺集
炙られて反り正されて干鰈           朝田玲子
寒雷の一つ激しく独りの夜           佐々木成
書き入るる予定の未来三月来          河村純子
地固めの音の響くや木の芽風          富沢壽勇
表裏使ひ切る紙二月尽             鈴木春菜
立春や仙石線の外は真白            小嶌 和
三寒の坪庭に差す薄日かな           栗本德子
春潮の尾道水道山迫る             仁田 浩
たうたうと坂東太郎雪濁り           酒井富子
踏むまいぞ尻つくまいぞ蕗のたう        中島冬子
虫喰ひの苗木余分に寒肥す           大石高典
青き踏む雑草といふいのち踏み         川上和昭
冴返る記憶を覚ます夜の地震          益子桂子
江戸風に囲ふ上野の冬牡丹           鴻坂佳子
亀鳴くや化学とにかく苦手なり         古川邑秋
寒明くる大文字山人多し            野木正博
一列の練行衆やマスクして           栗本一代
海風に遊ばれてをり崖すみれ          木村静子
冴返るおくどさん置く曼殊院          片山旭星
                        氷室集
後醍醐院の吉野や春は遠からじ         河村純子
砂抜きの浅蜊くつろぐ塩加減          朝田玲子
本流へ支流割込む春疾風            真下章子
校庭の記念樹小さし名残雪           碓氷芳雄
鈍行の窓や飛び来る波の花           佐々木成
山茶花や集合写真つつましく          仁田 浩
古文書の土蔵や梅の花盛り           木村静子
立春や屋根まだ白き石巻            小嶌 和
富士山の横へ伸びたる初電車          大石高典
杉玉の酒屋に春の川の風            山本京子
家が鳴るまたびしと鳴る春一番         谷口文子
沢庵の旨み引締め寒戻る           宮原亜砂美
陵の森に消へゆくうかれ猫           古川邑秋
真ある鬼になりたや寒念仏           富沢壽勇
冬の鹿すつと現れすつと消え         西五辻芳子
東山白々と明け初音かな            野木正博
海苔粗朶に影を落して着陸機          中村順次
川涸るや毎日渡る大井川            丹羽康夫
下萌や順路の坂に子規の句碑          鴻坂佳子
春寒し音なく吹くでなき風に          田中 勝

2021年4月

 氷華集          当月の雑詠から尾池和夫抄出
                        氷壺集
人気無き舞台は寒し人恋し           河村純子
黒潮に乗り来たるらむ初明り          仁田 浩
かはるがはる寒禽来鳴く芭蕉像         佐々木成
風の音の隠岐より届く寒卵           栗本德子
バオバブの梢が春をつまむやう         大石高典
子の声の少し変はりて鬼は外         三原真紀子
たてがみの刻むリズムに雪が跳ね        朝田玲子
数ヘ日や計画になき町へ行く          鈴木春菜
梅大きこの大福茶いかにせむ          小嶌 和
行く先の吾を見据ゑて冬満月          富沢壽勇
羽子板の裏絵に世相ありにけり         古川邑秋
同じ刻同じことして去年今年          中島冬子
待春や囲ひし野菜とり出しぬ          益子桂子
砂防ダム丈を競りあふ氷柱かな         野木正博
白葱を刻んで僕は強くなる           山本真也
仮の世の伊勢や広野のかぎろひに       西村みゑ子
ゆつたりと使ふひと日や日脚伸ぶ        真下章子
春待てど桜古木の伐られけり          荒木昭代
寒梅や少年高くみくじ結ふ           森すゞ子
                        氷室集
霜柱十五センチの靴の跡            碓氷芳雄
漬樽の重し下がりぬ二月はや         宮原亜砂美
風花や言葉少なき友の荼毘           佐々木成
核兵器禁止条約初明り             田中 勝
数の子の薄皮老眼鏡かけて           河村純子
竜の玉ラピスラズリの化身にや         朝田玲子
ガムランに影絵の浮かぶ冬茜          富沢壽勇
試みる京の雑煮のかしら芋           小嶌 和
天空に光撒くごと寒北斗            古川邑秋
のの字まで十日と少し大根干す         仁田 浩
声あげて泣くこと知らで雪見草        斎藤よし子
水槽の魚寄り合ひ春を待つ           益子桂子
小寒や通勤のごと熊二頭            丹羽康夫
門松は榊なりしよ上総郷            鴻坂佳子
忘るるも世過ぎのひとつ初日記         中野 梓
踏みしむる音のたのしき霜柱          木村静子
枝の目印辿り歩くよ雪の山           野木正博
雪だるま尾灯消したる闇のなか        西五辻芳子
改良の文字に買ひたる腁薬          南田美惠子
白味噌の中のつこつと雑煮餅          谷口文子

2021年3月

 氷華集          当月の雑詠から尾池和夫抄出
                        氷壺集
落鱚の細長き貌捌きけり            大石高典
お斎なら出汁の沁みたる大根とも        栗本德子
山眠るカミオカンデはこの底に         仁田 浩
参道や咳止め飴の今昔             富沢壽勇
冬木立大地に影の瘦せ細り           古川邑秋
常のごと図面描くなり漱石忌          小嶌 和
過去となる地層の上の落葉踏む         河村純子
茶の花や茶師貫きし人のに花          中島冬子
寒き指に毛刈りの馬のすべすべと        朝田玲子
雄松の葉雌松より鋭し年用意         西五辻芳子
老神父の握手ぬくとしクリスマス        佐々木成
どれどれと婆腕まくり大海鼠          前田鈴子
重詰の一角のみが減つて行く          山本真也
冬うらら屋根に魔除の竜の這ふ         木村静子
内に曲がる氷柱ずらりと北の軒         益子桂子
地中よりの水の旨さよ霜柱           野木正博
冬眠や亀の居場所の衣装箱          南田美惠子
杖が身の一部となりぬ冬の月         山中ひでの
冬の虹生家あたりに今日も立つ         真下章子
                        氷室集
日本史の頁の染みよ薩摩汁           碓氷芳雄
山頂のポストや雪は払はれず          河村純子
冬ぬくしお薬手帳忘れたり           仁田 浩
冬うらら人に流され伊勢詣          宮原亜砂美
この歳の坊主頭や枇杷の花           古川邑秋
人車てふ鉄道のあり冬ぬくし          富沢壽勇
実千両竜馬泊りし浦の宿            木村静子
能登半島波たたせては鰤起し          野木正博
赤蕪の芯まで赤く博打めく           大石高典
窓開けて換気十分漱石忌            小嶌 和
トンネルをあまた抱きて山眠る         真下章子
初雪やソーラー発電停止中           益子桂子
閉校の門扉の錆や冬に入る           佐々木成
罅の手の指紋認証不可となり         南田美惠子
味のしむ卵なによりおでん鍋          田中 勝
カシミアのセーター一生ものと決め       石田祥子
牡蠣喰ふや二人暮しに殻の嵩          前田鈴子
貴女蘭の種こぼさじと煤払           丹羽康夫
度忘れの多き二人の日向ぼこ          酒井富子
水涸るや鶴の噴水ビル仰ぎ           鴻坂佳子

2021年2月

 氷華集          当月の雑詠から尾池和夫抄出
                        氷壺集
咲き初めしサフランの蕊真紅なり        小嶌 和
朝露や杜の奥なる灯火二基           栗本德子
てつちりや隣の席も死の話           鈴木春菜
室花や眠気はらふに伸びをして         益子桂子
丹精の琴のかたはら車椅子           河村純子
紅葉濃し蟻の戸渡り四つん這ひ         野木正博
百態にくぬぎ降り散る揚抗比          朝田玲子
煙吐くあとひと雨の煙茸            仁田 浩
鯊死して途端に色の変はりけり         大石高典
しぐるるや京は西入ル東入ル          古川邑秋
ふいに鳴く杜の懸巣よ立ち竦む         佐々木成
産土の家に誰が住む冬鴉            鴻坂佳子
山梔子の葉が妙に好き冬の蠅         西五辻芳子
あるじ無き庭に獅子柚子ぐらんぐらん      富沢壽勇
秋鰺を堤防に干し志摩の暮れ         西村みゑ子
かの人とわかる仕草や頰被り          森 幸子
脚一本すてて遁がるる冬の蠅          中島冬子
懐手龍馬のやうに生きたしと          川上和昭
楷の樹や光残して裸木に            栗本一代
                        氷室集
時雨ては北山杉の遠ざかる           小嶌 和
渋柿の渋とけさうな陽の光           仁田 浩
山を背に冬日をしばし余呉の湖         栗本德子
宿題の合間あひまの木の実独楽         佐々木成
秋暮るるさしたる話無きままに         河村純子
秋夕焼池塘に空の色のあり           野木正博
出陣の緋色のごとき冬紅葉           益子桂子
海鼠腸の伸び縮みしてしごかるる        朝田玲子
一畦を囲ひしのみの冬構            古川邑秋
若たばこの荷台やジャズの町の昼       牧田満知子
ここの在りとて竜胆の埋もれず 宮原亜砂美
鱸の子勢ひ込んで釣れにけり          大石高典
初時雨降りし証の石畳             片山旭星
雲水の声音重なる冬の朝            谷口文子
銅像のたれとは知らず落葉降る         木村静子
置炬燵子は寄りつかず鬼ごつこ         大野邦夫
ガラスペン握れば小春日和かな        斎藤よし子
東京の水甕のダム浮寝鳥            中村順次
大技の居反り教へ子の力士          南田美惠子
我家まだ昭和の暮し衣被            長浜利子

2021年1月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
秋日和輪ゴムの朽ちし包解く        仁田 浩
エスプリは長寿の薬味十三夜        川上 和昭
穴まどひ古地図の中の大井川        大石 高典
わが馬と分かつ林檎や試合果つ       朝田 玲子
ため息のやうに湯気吐く焼占地       小嶌 和
軸の端のこんと打ち鳴る秋の風       栗本 德子
大粒がきちんとふたつ落花生        鈴木 春菜
村ぢゆうの柿採り尽し柿の村        古川 邑秋
関ヶ原見ゆる城址に秋思かな        富沢 壽勇
枯蓮や猫咥へ来る魚の骨          中井 昭雄
舞ふ人と月とひとつに音のあはひ      河村 純子
戦中の火点の残る芒山           佐々木 成
柳散る水府提灯ともす酒肆         鴻坂 佳子
白秋忌見舞かなはぬ母へ唄         西五辻芳子
十二曲り秋の錦の火打山          野木 正博
ロックフィルダム嫋やかな谷紅葉      中島 冬子
暮れ方の残照余韻秋惜しむ         片山 旭星
椎の実干す母の手もとを日だまりに     栗本 一代
薄紅葉此処にて三人殺されし        山本 真也

                       氷室集
保津峡を抜け冬霧の攻め来たる       仁田 浩
月の出を待つ間に雲の流れけり       片山 旭星
藁塚の伏兵めきて散らばれり        木村 静子
琵琶湖疏水抜けていきなり天高し      河村 純子
先導は奥駈道の飛蝗なり          野木 正博
颱風を忘るる鳶か明石灘          朝田 玲子
後れ蚊の刺すに思はぬ疾さのあり      富沢 壽勇
摩天崖の空より紅葉始まりぬ        山口 容子
秋色のへばりつきたる余呉湖かな      大石 高典
戦国の城下を今に稲架襖          碓氷 芳雄
秋深し小説にある後日譚          小嶌 和
一村にいまだ案山子の居続ける       古川 邑秋
波音や秋茱萸熟るる蜑の径         佐々木 成
赤い実へつぎつぎ違ふ小鳥来る       酒井 富子
潮の音のとどく社や松手入         鴻坂 佳子
見はるかす霧の風伝おろしかな       西五辻芳子
響き渡る防災無線いわし雲         真下 章子
やや寒の一点集中轆轤の座         宮原亜砂美
秋深し一村の絵のアダンの実        牧田満知子
群白く豊漁のごといわし雲         田中 勝
  
2020年12月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
法師蟬三度は鳴かず賤ケ岳         河村 純子
刺し違へたる蟷螂の鎌と鎌         吉田多々詩
秋暑し看護師の手の走書き         中嶋 文子
黄金の国と記され露の玉          古川 邑秋
片仮名の八雲の手紙すいつちよん      大石 高典
秋暑し残り少なき置き薬          南田美惠子
相談にのる人が居て夜長かな        鈴木 春菜
瓢箪をかき分け主の出できたる       仁田 浩
秋暁や時計の音に風の音          川上 和昭
隧道の手掘りの跡や白木槿         渋谷 啓子
この先へ来るなとばかり秋の蜂       中島 冬子
せかせかと下駄鳴らし来る盆の僧      佐々木 成
子の試作三年にしてマスカット       中野 梓
蚯蚓鳴くと預りし亀脱走す         西村みゑ子
これまでの半量ほどを菜種蒔く       羽鳥 正子
鬼灯の鉢ぶら下げて銀座線         益子 桂子
虫すだく名胡桃城址崖に果つ        宮澤 淑子
足すこしぬれてうれしや秋の草       木村 静子
枯蓮や風の音ある池の端          中井 昭雄

                       氷室集
此の秋は体温計も楽屋内          河村 純子
二の腕に風の確かな今朝の秋        仁田 浩
燐寸擦る刹那の匂ひ秋彼          朝田 玲子
運動会ゴールの先にある記憶        古川 邑秋
高原の秋の七草抱き帰る          佐々木 成
枸杞の実や街道筋のはけてふ地       羽鳥 正子
尻尾ほどぜんご鋭き真鰺かな        大石 高典
稲架組むや山越えてくる雲低し       渋谷 啓子
敬老の日とて一日茶碗売る         谷口 文子
秋高し迷ひ迷うて貴船口          宮原亜砂美
遅く出て貴船の月はすぐ隠れ        鳥居 裕子
こぼれ萩掃けど掃けども地に縋る      西五辻芳子
いまもなほ武田軍団露の墓         宮澤 淑子
いざよひや錆びたる弦に「神田川」     碓氷 芳雄
狐雨降るや夕陽に秋の虹          片山 旭星
白い萩白いブランコ風のまま        櫛渕かりな
枸杞の実に誇り満ちたる回の村       富沢 壽勇
夜なべする此の空間の心地よし       山本 京子
建具屋の鋸屑の香や秋気澄む        木村 静子
ニューヨークの月にも同じ兎ゐて      福 のり子

2020年11月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
出羽三山仰ぐ平野や稲の秋         宮澤 淑子
熟れ頃や猿の見過ごす瓜の味        中嶋 文子
日本語の副詞虚しき原爆忌         大石 高典
秋茄子の重荷を下ろすごとく穫る      羽鳥 正子
風鈴を狂はせてゐる夜風かな        酒井 富子
山越えの力を貰ふ岩清水          佐々木 成
赤とんぼ竹の箒がお気に入り        友永基美子
神鳴も雲踏み外すとは涼し         西村みゑ子
人を待つホテルのバーの金魚鉢       河村 純子
定位置を探して歩く大文字         鈴木 春菜
秋立つや押しピン残るメモボード      古川 邑秋
嶺の端へ月重たげに昇り来る        渋谷 啓子
上出来の南瓜ひとつをおためとす      吉田多々詩
風さそふ子規の淡彩秋海棠         鴻坂 佳子
真夜中に鐘撞くことも夏行かな       南田美惠子
蟬しぐれ消ゆ八月のあの時刻        川上 和昭
廃校に残る土俵や花木槿          木村 静子
ふと風の音にまぎれて秋の蝶        川内 麻美
見失ふまで振り返り秋の蝶         川内 一浩

                       氷壺集
六斎の闇打つ鉦の里に住み         吉田多々詩
大豆稲架はぜる音なくはぜにけり      古川 邑秋
レポートの採点つづく法師蟬        大石 高典
朝顔の同じ色して同じ向き         川内 麻美
刀豆の太りて刃とはならず         木村 静子
蜜豆の光ざくざくざく揺らぐ        富沢 壽勇
野ぶだうを摘む子泣きべそ日暮れ来る    牧田満知子
鬼灯やおぎなひ合うてひとつの目      山本 京子
稜線の影まで朱し夏の月          碓氷 芳雄
流星群寝ころんで待つ秋隣         森川惠美子
鳳仙花する寄る猫に種はじけ        山田ミチ子
夏安吾や動物園の檻の中          河村 純子
微地形を秋風に聴く朝散歩         小嶌 和
弦に触るる弓の角度や星月夜        朝田 玲子
カルデラのここ真ん中の大暑かな      仁田 浩
寂しさを募らせて露草の露         川内 一浩
岩壁の霧の隙間の岩桔梗          野木 正博
新涼や社の杜の木々さやぐ         片山 旭星
花木槿遺影とならぶ未完の絵        小堀 恭子
夏に入る花見小路に下駄の音        三原真紀子

2020年10月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
わづかづつ湖は北へと鳥渡る        古川 邑秋
機嫌よき鳥海山よ五月晴          佐々木 成
社会的距離とり大き茅の輪かな       大石 高典
ゆつくりと夏霧はれて港の灯        宮澤 淑子
地図帳に少年の夏捜すごと         河村 純子
万緑へ深く入り来て魚板打つ        酒井 富子
ことしまたななふし宿る木の葉陰      栗本 一代
川音を近くに住めり夏の月         渋谷 啓子
ビル街の暮れてきはやか二重虹       中嶋 文子
小次郎の燕返しか捕虫網          吉田多々詩
梅雨の間や遺跡に四隅袖付炉        羽鳥 正子
老鶯の小路や波郷歩みしか         川内 一浩
胡瓜封ず蘇民将来子孫なり         栗本 德子
子とかげを宝のやうに見せにくる      鴻坂 佳子
白雪にさらせし越後上布着て        西五辻芳子
全集の紙の湿りや松落葉          川上 和昭
小刻みに草の揺れをり糸蜻蛉        南田美惠子
鳳仙花弾ける種に明日あり         友永基美子
池塘ぬけ燧ヶ岳へ青野かな         中井 昭雄

                       氷室集
ラマ僧のくるぶし細き素足かな       宮澤 淑子
守宮鳴くにガムランの音森の闇       河村 純子
新しき香水にして梅雨明けて        小嶌 和
土担ぐ茗荷の子あり脱稿す         大石 高典
瀬田川は琵琶湖の出口梅雨明くる      齋藤 耐
み仏に夕凪至る寺門かな          川内 一浩
球磨焼酎その里に梅雨出水痕        片山 旭星
六月の海一枚の青さかな          佐々木 成
捩花の捩れて咲くを恃みとす        川内 麻美
水煙の高きにまばら梅雨の星        鴻坂 佳子
空缶を拾ふ作業や草いきれ         碓氷 芳雄
白蓮のなかの一輪紅蓮           南田美惠子
氷室の使通ひし道か合歓の花        西五辻芳子
河童忌や小さき門に雨宿り         古川 邑秋
星合や一語に願ひあふれしめ        山本 京子
被爆語るに長命たれと祈る夏        石田 祥子
身の丈に進む尺蠖跳んでみよ        渋谷 啓子
不整脈またおきてをり半夏生        朝田 玲子
解散の声にはじまる夏休み         仁田 浩
富士山の伏流水の鰻はも          富沢 壽勇

2020年9月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
蜘蛛飛んで初めの一糸掛けにけり      渋谷 啓子
水底の影の俊足みづすまし         中嶋 文子
少年の大きな歩幅緑さす          佐々木 成
蝙蝠の昼は塒となる祠           中井 昭雄
植田より水の漏れゆく休耕田        古川 邑秋
サイレンの遠く消えゆく茂かな       鈴木 春菜
蛍火の一つを追うて森に入る        山本 真也
新じやがをスープに仕立て給料日      大石 高典
道開く地目原野よ合歓の花         羽鳥 正子
雲低くよどみてありぬ栗の花        森 すゞ子
足元に卵の殻や燕生る           中島 冬子
睡蓮や八雲遺愛の長煙管          宮澤 淑子
ざりがにのバケツを囲む坊主刈り      吉田多々詩
夏半ばズボンの寝押しずれやすく      益子 桂子
薫風や土手より拝む阿弥陀さま       南田美惠子
如何にせむ一個のみなる初なすび      長浜 利子
江戸切子冷酒はこれと決めてをり      川上 和昭
梅雨空や買ひ足しておく肉野菜       川内 麻美
餌を運ぶ蟻ころびつつまろびつつ      川内 一浩

                       氷室集
梔子の香り重たし傘の下          朝田 玲子
夏星を追うて珈琲冷めきつて        福田 将矢
六月の篝火重く尾を引けり         渋谷 啓子
蜑の子の磯飛び渡る跣かな         佐々木 成
遠隔の会議果てたる素足かな        富沢 壽勇
コカコーラの赤よく目立つ海開       碓氷 芳雄
泥んこの顔見合はせて田植の子       中野 悦子
舗装路に泥の足跡田植どき         大石 高典
短夜や砂吐く貝のひつそりと        小嶌 和
万緑や禰宜の袴は水の色          木村 静子
比叡より貰ひしものに田植水        片山 旭星
ドーナツの穴の向うに夏休み        河村 純子
向日葵や寝る間を惜しむごとく伸び     中嶋 文子
岩走る水の冷たさ山女釣          小川 妙子
階を見上ぐる一歩より登山         川内 麻美
かすかなる苔の起伏や杉木立        宮澤 淑子
若楓陵墓の森を大きくす          古川 邑秋
ゆるやかな坂道を行く薄暑かな       川内 一浩
いにしへの環濠奈良の牛蛙         中村 順次
さりげなく蜂をよびこむ破れ傘       城戸崎雅崇

2020年8月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
植田なる里げこげこと眠られず       中嶋 文子
時計草きりきり巻いて垣低し        木村 静子
郵便物畦に届きぬ田植時          中島 冬子
地の甘さ陽の苦さとも松葉独活       栗本 德子
デワクジラ出土の丘や苜蓿         佐々木 成
薫風や山路ここより透きとほる       河村 純子
一輌を離し支線へ青田風          仁田  浩
春キャベツ半玉分の蟠り          山本 真也
穂の小さき原種の小麦薬草園        宮澤 淑子
大庇より紺碧へ黒揚羽           川内 一浩
風薫る一年生になりし声          川内 麻美
禅寺や房の短き藤の花           大石 高典
通し土間出づる眩しさ樫若葉        羽鳥 正子
居座りし棚田の巨石青田風         渋谷 啓子
飛び立てる雀の嘴に桜の実         南田美惠子
母の日やエプロンはもう欲しくない     長浜 利子
奈良町の身代はり申や柿若葉        古川 邑秋
籐椅子の軋みてなじむ背中かな       益子 桂子
ゆるやかに鯉の影消ゆ蓮浮葉        森 すゞ子

                       氷室集
緋目高や玄関に置く杖一つ         川内 麻美
ハンガーに眺めて夏のワンピース      中嶋 文子
紅ばらを剪り薔薇の木を鎮めけり      古川 邑秋
気配あり蛇横たはる谷の道         野木 正博
十三仏巻き納むるやえごの花        朝田 玲子
薔薇咲くや留鳥のごと氷川丸        宮澤 淑子
春惜しむ岸や声なき太田川         碓氷 芳雄
草蔭を出たり消えたり夏の鴨        富沢 壽勇
自転車の出前行き交ふ春の雨        石原ゆき子
との曇るきのふやけふや時鳥        羽鳥 正子
分け入りて見失ひけり山桜         斎藤よし子
播州の御坊のたより筍来          鴻坂 佳子
忙しげに飛び大梁へ夏燕          南田美惠子
父の手を離さず夏の坂の町         川内 一浩
風薫る宇治の中洲に戦の碑         片山 旭星
鎌倉や古樹の重たき青嵐          林  剛
田蛙や疫病封じの藁人形          佐々木 成
げんげ田のあるを知らずに時過ぎぬ     河村 純子
魚屋に行列ができ初鰹           大石 高典
古墳近く住み生涯の田を植うる       木村 静子

2020年7月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
蕨採る猿との距離を測りつつ        中島 冬子
玄米の発芽の早さ花の昼          鈴木 春菜
鮮やかやチマのごとくに山躑躅       栗本 德子
草の芽や老いて手にする学生証       古川 邑秋
焼原や塒が黒き跡となり          中嶋 文子
いたどりの笛を上手にまたぎの子      佐々木 成
休業の張り紙の店燕来る          河村 純子
白壁のこんなに白く春きたる        仁田 浩
鳥雲に関八州の空ひとつ          川内 一浩
春陰や海に戻りし干拓地          宮澤 淑子
重文の屋根の藁引く春の鳥         羽鳥 正子
復活祭くつくと啼ける白き鳩        川内 麻美
少年野球ひとりは少女花吹雪        渋谷 啓子
この仔猫「吾輩は」とは言はせぬぞ     中井 昭雄

                       氷室集
鳥海山の風吹き渡る牧開          佐々木 成
遠足の列を離れて象の前          川内 麻美
黒玉にみるみる手足出でて蝌蚪       福田 将矢
今日からは燕加はる峡の空         長浜 利子
水耕の根のにぎやかにヒヤシンス      仁田 浩
一群の墓石隠せる朧かな          吉田多々詩
花屑の光の嵩よ日照雨来る         宮澤 淑子
松毟鳥榧の樹冠を這ひまはる        堀口 忠男
ささめきは石を転がす春の水        林  剛
隠れ入る鯉や疏水の花筏          野木 正博
父が酒場よりもらひ来し仔猫かな      川内 一浩
帯なして稚魚の大群春闌くる        大石 高典
大口の馬の欠伸や海のどか         南田美惠子
風光る鏝絵の竜の動くがに         木村 静子
父の皺の来し方探し花見酒         碓氷 芳雄

2020年6月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
春宵やべテルギウスは生き残る       仁田 浩
一碗の茶を点て坐せば西行忌        川村 純子
文政の算学掲げ梅の寺           木村 静子
朧夜や君に抱かれてぬひぐるみ       川内 一浩
春暁や靫蔓の壺の奥            川内 麻美
夕桜下枝を水に遊ばせて          中島 冬子
肉球の破れし犬や漁期果つ         大石 高典
僧列の袍衣うつくし涅槃西風        栗本 德子
やや紅の勝ちに源平桃の花         中嶋 文子
畑焼くや白き頂きはだちぬ         益子 桂子
引つ越しの合間に出され土筆和       鈴木 春菜
おつとりとして敏捷な春の蠅        長浜 利子
半島の巨岩奇岩や鳥帰る          佐々木 成
啓蟄や土を均して文字遊び         山中ひでの
翅畳み蝶は枯葉となりてをり        羽鳥 正子
菜の花や川幅広き橋渡る          渋谷 啓子
陵の北面を守る椿かな           古川 邑秋
石室に春日さし込み鳥のこゑ        栗本 一代
早春のペットボトルの水を飲む       山本 真也

                       氷室集
廃村の蝌蚪の犇めく水たまり        福田 将矢
馬の仔の尾の短くて忙しなき        朝田 玲子
地球儀を消毒したき春の星         河村 純子
木蓮のみな空を向きあいそなし       仁田 浩
母を真似さくら隠しを掌に         川内 一浩
沈丁花ふあつと香る待ち惚け        川内 麻美
川波寄る貝塚遺跡初蝶来          佐々木 成
北嶺に彼岸の夕陽掛かりける        齋藤 耐
王羲之の書にも春風見つけたり       小堀 恭子
垂直の梯子は地下へ独活の室        益子 桂子
道問へば菫の方へ行かれよと        林  剛
囀を吾に訳する器械欲し          長浜 利子
猛る風バター茶を煎るゲルの春       牧田満知子
鈴の緒に除菌の湿り春寒し         宮澤 淑子
生薬の瓶並ぶ棚あたたかし         木村 静子
拍子木の響き淋しき浪花場所        片山 旭星
古井戸の井桁囲ひや諸葛菜         中村 順次
茅葺屋根の天辺にあり名草の芽       渋谷 啓子
春昼のないしよ話は堰を切り        中嶋 文子
忘るまじ被爆桜の咲き誇る         田中  勝

2020年5月

氷華集      当月の雑詠から尾池和夫抄出 5月号
                       氷壺集
発酵の樽まろまろと春動く         仁田  浩
眼ぢからのありて強者や寒稽古       中嶋 文子
梅咲きて雀の声を明るうす         川内 麻美
梅二月人それぞれの最寄り駅        川内 一浩
修二会僧の息うかがひぬ女人講       栗本 一代
夕暮や雪野に点る牧舎の灯         佐々木 成
封をしてのち誤りと言ふ余寒        大石 高典
梅一輪お目見えの妓の簪に         河村 純子
たつぷりと水ゆつたりと梅の花       鈴木 春菜
覆面の寡黙に懸想文を売る         栗本 德子
ビル影の角円くして朧月          中島 冬子
宿木へ鳥繰る閏二月尽           宮澤 淑子
当麻寺の青き双塔おぼろ月         鴻坂 佳子
燻りへ焼べ足ながら耕せり         羽鳥 正子
白魚の数が動いてゐたりけり        古川 邑秋
水蠆ひそむ深山の水の温みけり       長浜 利子
花鳥はいづこの深空より来しか       西五辻芳子
計らひの思はぬ方へ山笑ふ         中井 昭雄
慰霊碑の前後左右に猫の恋         山本 真也

                       氷室集
待合へ招き入れたし雪だるま        中嶋 文子
母の手をしかと握る児梅若忌        河村 純子
蛇出でてホモサピエンス囲みゐる      福田 将矢
自動ドアより鬼来たる節分会        仁田  浩
固まりし蜂蜜ゆるむ春隣          大石 高典
多喜二忌や波猛り立つ北の海        佐々木 成
筆塚に筆一束や梅紅し           木村 静子
敷藁の順路に梅の二三輪          鴻坂 佳子
促音まだ書けぬ手紙よ春の風        宮澤 淑子
しぶき凍り同じ向きなす谷の岩       野木 正博
似我似我と羽音聞き止め蜾蠃追       西五辻芳子
菜の花や故郷の土手は滑り台        田中  勝
冴返る比叡に続く雲母坂          片山 旭星
観潮の顔打つ髪や風の息          朝田 玲子
絶筆は平和の二文字春ともし        吉田多々詩
壬生寺のカンデンデンと厄払        南田美惠子
師の師なるお墓に参り余寒なほ       川内 麻美
長靴のしだいに重し凍ゆるむ        益子 桂子
御勝手にとんかち振るひ牡蠣を剝く     宮原亜砂美
廃校の庭や往時の寒椿           碓氷 芳雄

2020年4月

氷華集          当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
背を向けて毛布被るはボスゴリラ      川内 麻美
めて鯛の双び飾りや初芝居         栗本 德子
吐く息にわらぎの構へ初稽古        中嶋 文子
正月や喜多さんにとふ山の道        鈴木 春菜
風筋に逆らひて行く寒念仏         木村 静子
とつぷりと暮れ寒柝の次の音        川内 一浩
勝負師の顔つきとなり歌留多取       南田美惠子
酒粕や杜氏の友の寒見舞          中島 冬子
大跨ぎに京の都を冬の虹          河村 純子
寒灯の深きに人が錫工房          鴻坂 佳子
繭玉や天井高き里座敷           佐々木 成
淑気満つ大神神社のお手洗         山本 真也
御火焚や競ふ炎と小山伏          古川 邑秋
初夢に大論文を書き上ぐる         大石 高典
八雲立つ出雲の村に寒の雨         三原真紀子
年越ゆる音なき音に耳澄まし        中野  梓
お降の傘干されあり社務所脇        西村みゑ子
関所跡の武具に埃や日脚伸ぶ        真下 章子
一途とふ思ひは秘して鷹放つ        羽鳥 正子

                       氷室集
棒鱈を好物と言ひ嫁となり         河村 純子
春闘や靴のかかとの減り具合        大石 高典
武蔵野に霜の広ごる開墾地         林   剛
野兎の足跡続き山眠る           佐藤  聡
鰰待つ男の影や番屋の灯          佐々木 成
重ね着に故郷の匂ひありにけり       福田 将矢
本棚の上くれなゐの冬薔薇         川内 麻美
大寒や妻踏みたがる水溜り         川内 一浩
薬剤名の百頁ほど店卸           中嶋 文子
煮凝や取皿の絵のみな違ふ         羽鳥 正子
声援を背負うて走る冬の風         田中  勝
しんと来るもの耳にあり枯木山       堀口 忠男
突き一発動から静へ寒稽古         吉田多々詩
白金の冬の月あり銀閣寺          野木 正博
馬運搬車ぬくぬくと揺れオリオン座     朝田 玲子
大寒の時針まちまち時計店         渋谷 啓子
まだかまだか年終るぞと誕生待つ      西五辻芳子
消ゆと見せ水に還りし春の雪        小嶌  和
己が影に手をふる幼ナ春隣         宮澤 淑子
立の字の如き花芯や冬椿          昌山瑠美子


2020年3月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
聖夜ミサ少年の目に灯の揺れて       栗本 德子
朝まだき足袋の小鉤の冷たさよ       河村 純子
内海や島のかたちに冬の雲         中嶋 文子
藤十郎とある簪や事始           中島 冬子
コッヘルの雑炊旨し峰に入る        中井 昭雄
どんど焼煤にまみるる村百戸        佐々木 成
白山の冠雪を背に笠地蔵          三原真紀子
言霊に色あるならば竜の色         川内 一浩
ブルースよりワルツにかはり年の暮     仁田  浩
獣肉とジビエの違ひ山鯨          大石 高典
ジンライム色の月なり十二月        西村みゑ子
轆轤挽きの椀手に馴染む干菜汁       羽鳥 正子
赤福屋の釜に湯気立つ小春かな       森 すゞ子
行きたきと地図を眺めて着ぶくれて     川内 麻美
被爆樹の実生の若木黄落す         宮澤 淑子
腰痛はともかくとして年を越す       山本 真也
卓上に千両一枚ある朝餉          川上 和昭
隣人の芝に気づきし枇杷の花        南田美惠子
亡き父の座は空けておく節料理       古川 邑秋

                       氷室集
間の悪き鼓の音よそぞろ寒         河村 純子
横文字のただただ走る夜なべかな      大石 高典
星屑の星を纏ひて冬並木          小嶌  和
冬の芽や生きて生き抜く被爆授も      田中  勝
白萩や月はゆつくり遠ざかる        堀口 忠男
炭俵編むや山家の土間昏し         佐々木 成
馬にキネシオテープ貼りやる小春かな    朝田 玲子
雨音の霰に変はり朝まだき         中嶋 文子
冬ざれて象の睫毛の長きこと        福田 将矢
煤逃の夫より掃除機のルンバ        川内 麻美
暮早し馬籠に灯る常夜燈          長浜 利子
風花や移ろふものにある光         川内 一浩
山茶花や丈山の門くぐるとき        石神 主水
弾きなれし琵琶の重たき蕪村の忌      片山 旭星
風が掃く落葉の出町柳かな         鴻坂 佳子
玩具こそ技術の粋やクリスマス       仁田  浩
おそろひのひとつとなりぬマフラーよ    谷口 文子
ゆつたりと広島湾の鰯群れ         野木 正博
海峡の潮動きそむ冬夕焼          宮澤 淑子
新駅やおでん屋台の名残なく        三原真紀子



2020年2月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
鉦の音少しずれたり十夜講         栗本 德子
大の字の火床ほつほつ草紅葉        鈴木 春菜
初霜に観念したる庭の草          中島 冬子
風垣を大きく組んで村黙す         佐々木 成
一茶忌と知つてか庭の雀来て        三原真紀子
冬もみぢ蔵飛ぶ絵巻みてをりぬ       宮澤 淑子
藪沿ひに行きし狐が藪に消ゆ        羽鳥 正子
峠へと続く落葉の音を踏む         川内 一浩
瓢の実や忙しくなき振りをして       大石 高典
落葉踏み昨日の私消してゆく        河村 純子
矢狭間より光の矢来る小六月        木村 静子
輪の中に入らぬ子あり返り花        南田美惠子
秋時雨やつつけ仕事ふたつあり       仁田  浩
櫨紅葉お頭と云ふ大天狗          川上 和昭
布団干すずしりと重き歳の数        吉田多々詩
長明も見しか日野路に狸出づ        中井 昭雄
石段に宿題する子小六月          渋谷 啓子
冬蜂のとどまる石の温みかな        酒井 富子
お手玉の掌に憶えあり一葉忌        鴻坂 佳子

                       氷室集
口長き矢柄を食ひて冬に入る        大石 高典
組み上げて音なく昇り鷹柱         堀口 忠男
馬の背の右や左や秋深し          野木 正博
星月夜首里城惜しむサンダンカ       宮原亜砂美
ぶり大根母の威厳の保たれし        谷口 文子
波郷忌の落葉掃く日と定めけり       川内 麻美
鵙猛る戊辰の役の墓荒れて         佐々木 成
枯芝を背中一杯付け歩く          川内 一浩
きのこ干す同じ筵の柿の皮         仁田  浩
付添ひやおでん腑に染む三泊目       朝田 玲子
綿虫の寄らず離れず暮れはじむ       真下 章子
山茶花やしかけ雨戸の武家屋敷       木村 静子
国境の無き鐘の音や冬の雁         河村 純子
短日や長き給付のやうに闇         昌山瑠美子
何万の紅葉のひとつ拾ひけり        伊藤  惠
時雨るるや比叡に虹の消えるまで      片山 旭星
冬めくや早寝にありぬ日の温み       酒井 富子
冬着干す小まめに向きを変へながら     羽鳥 正子
時雨るるや庁舎すつぽり虹の中       渋谷 啓子
三河なる回船問屋縞布団          宮澤 淑子



2020年1月

 氷華集         当月の雑詠から尾池和夫抄出
                       氷壺集
山を背に舟屋のくらし秋うらら       栗本 一代
白一花酔ひそこねしか酔芙蓉        中島 冬子
二人分もらつて帰る栗おこは        鈴木 春菜
風の来て音立ちはじめ鳥威         益子 桂子
神域のほとりつましく秋耕す        木村 静子
鳥威夕闇ひたと迫り来る          羽鳥 正子
靴底の草の実落し尾瀬に入る        長浜 利子
秋薔薇の新芽の棘の紅きこと        川内 麻美
天高しネクタイ決めて日曜日        中嶋 文子
尾根つなぐ出羽三山や雁の棹        佐々木 成
木道の右を譲りて野路の秋         川内 一浩
原稿を置き去りにして秋祭         大石 高典
秋深し失礼ながら名を質す         仁田  浩
尊徳の本湿らせて秋時雨          古川 邑秋
ゆつくりと来てゆつたりと秋の蝶      渋谷 啓子
焼藷の熱きを胸に少女駆け         本多 智惠
身に入むや鸚哥の墓に石一つ        森 すゞ子
行く秋の河口に舫ふ舟灯り         鴻坂 佳子
先に逝きし弟君と花野へと         西五辻芳子

                       氷室集
蟷螂の雄かも知れぬ放ちやる        川内 一浩
劇場を出づれば月の街ロシア        河村 純子
がらんだうの牛舎を抜くる葛嵐       佐々木 成
長き夜や藍甕の泡ふつふつと        朝田 玲子
ひよんの実の鈴なり風の吹くばかり     木村 静子
口琴の音色過ぎ行く秋の路地        川竹 美樹
しづもれる小雨となりぬ冬隣        羽鳥 正子
赤き実の子の記念樹や小鳥来る       酒井 富子
紅い羽根夫の取り出す小銭入        川内 麻美
作り置くもの食卓に颱風裡         中嶋 文子
諍ひの後の洗濯天高し           谷口 文子
円を描き線をつなぎて林檎剝く       昌山瑠美子
虫の音の細くひそめる雨の夜半       片山 旭星
影ひきて白き猫ゆく秋の道         鴻坂 佳子
まもなくと秋の車窓の海を待つ       小島  和
朝採りの丹波松茸香るのみ         石原ゆき子
花言葉は唯我独尊秋の雨          石神 主水
秋雨や傘持つ母が改札に          佐藤  聡
秋深し親に不幸と侍真僧          細見 昌代
爽やかや子に初めてのホームラン      中野  梓



2019年12月

 氷華集       *当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
墨東や昭和の残る夜なべの灯        伊藤 武敏
金風や爪の歪みし仙人図          中嶋 文子
朝空に印章のごと月淡き          渋谷 啓子
秋澄めり海はひかりを屈折す        西村みゑ子
秋灯やしづかに開く智恵子抄        佐々木 成
身に沁むや匂ひ酸つぱき加加阿の実     大石 高典
恐ひもの何時も不意なり秋の蛇       酒井 富子
順調な加齢の診立て秋の雲         四宮 陽一
十六夜の月が覗くや校正す         中島 冬子
売尽す青果の棚の糸瓜二個         山口 智子
秋澄むや時の鐘打つ蔵の町         川内 一浩
手を浸けて四十五秒秋の水         羽鳥 正子
店の名の薄れてきたり渋団扇        南田美惠子
水音や植治の庭のこぼれ萩         城島 千鶴
故郷は刈田の風のかをりのみ        吉田多々詩
山寺の時鐘間延びす秋の暮         遠藤 長代
稲架干しは自家用のみと仕立てけり     髙橋キセ子
秋風や猫に小さな喉仏           長浜 利子
赤城山の裾ひろらかや林檎熟れ       宮澤 淑子

                       氷室集
白きものばかりを干して秋の暮       鈴木 春菜
鼻揺らしワルツを刻む象や秋        川内 麻美
四屯の象のダンスや秋の蝶         川内 一浩
市長なる襷に背広着て案山子        中嶋 文子
秋色を纏ひて船の客となる         河村 純子
まん丸がお空にゐるよ月今宵        山口 容子
猿を見る秋日に影の猿めけり        小嶌  和
子どもには子どもの事情夏終る       谷口 文子
眼鏡橋ぬけて秋風吹き来たる        木村 静子
ごきぶりやタイムマシンのつくり方     山本 真也
新涼や飛び石濡れし苔の庭         片山 旭山
佐和山や秋の音して風渡る         石原ゆき子
対岸の闇に浮きたる夜業かな        宮澤 淑子
十五夜の雲ゆつくりと遠ざかる       城島 千鶴
秋澄むや座り心地のよきベンチ       中井 昭雄
単調な朝の雨音震災忌           斉藤  耐
足あそびにリフトの揺れや鳥頭       髙橋キセ子
秋風が新たな私呼びにくる         昌山瑠美子
三ツ星というてた秋刀魚をいただきぬ    中野  梓
鰯雲伸び行く先に子の住居         佐々木 成


2019年11月

 氷華集        当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
炎天やボール散らばるネット際       中嶋 文子
秋立つや川辺に探る風の音         長瀬 朋孝
立秋や朝の光の跳ね返る          城島 千鶴
秋の昼童話からくり動き出す        木村 静子
玩具ひとつ部屋に転がる夏の果       渋谷 啓子
まだ暗きうちより蟬のせはしげに      大野千鶴子
奥秩父の白雨武州へ信州へ         伊藤 武敏
ダムとなる木地師の村や月のぼる      吉田多々詩
夕暮の沼に牧童牛冷す           佐々木 成
萬金丹臨時休業炎暑なり          西村みゑ子
叩かずに渡る石橋秋澄めり         羽鳥 正子
古希とても途中経過や秋の雲        四宮 陽一
疎開先の本家の暗さ一位の実        鴻坂 佳子
鉄塔も我が家も跨ぎ虹立てり        酒井 富子
滴りの一糸の音の乱れざる         西五辻芳子
空蟬を服に付けくる得意顔         髙橋キセ子
朝顔の日に日に小さき花となり       南田美惠子
山荘の緑蔭に聴くビバルディ        植田 清子
盆の夜や寝返りを打つ子を見やり      川内 一浩

                       氷室集
沖へ向け千の烏賊干す蟹の村        佐々木 成
虫干の蔵ひつそりと闇の中         河村 純子
広重の峠を越えてとろろ汁         鈴木 春菜
天高し真実は正多角形           山本 真也
メロン切る孫の皿へはやや太め       田崎セイ子
海水着干すベランダの子沢山        西五辻芳子
海亀の産まれて砂の道遠し         中嶋 文子
鴉より先に食はねば庭の梨         宮原亜砂美
草鞋履き柩の兄や夏座敷          酒井 富子
重版の知らせもらひぬ河童忌に       大石 高典
一つ窓に一家寄りあふ遠花火        鴻坂 佳子
谷地の田の日和めでたき稲の花       中村 順次
悩みごと打ち明け墓の草を引く       山中ひでの
きつねのかみそり祠にも御柱        宮澤 淑子
夏空や目に風運ぶポプラの葉        鈴木あるの
暮れかかる橋へ寄り来る鬼やんま      城島 千鶴
山寺の仁王踏ん張る暑さかな        森 すゞ子
水槽の鰓の動きも酷暑かな         栗本 一代
おみやげは撃たるるための水鉄砲      吉田多々詩
ピラミッド型に切り分け西瓜喰ぶ      遠藤 長代


2019年10月

 氷華集        当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
子午線や明石の蛸のうすづくり       伊藤 武敏
誤字脱字多きレポートはたた神       大石 高典
本水に客席濡るる夏芝居          四宮 陽一
鉦のみの二階囃子や夕まぐれ        中島 冬子
抽選の玉一等の扇風機           中嶋 文子
弟が兄を必死に泳ぎ越す          佐々木 成
雨雲の動くけはひのなき小暑        益子 桂子
雉鳩の来し梅雨晴の水たまり        酒井 富子
焚口の横が定位置渋団扇          大野千鶴子
梅雨寒や眠りし母に昼灯す         渋谷 啓子
息そつと吹きかけ立たすてんとむし     羽鳥 正子
日月の石灯籠に苔の花           城島 千鶴
まだ泣いて居たり夏帽深くして       川内 一浩
鳥啼いて神を宿せる夏木かな        森 すゞ子
桃の実の香そのまま箱に閉ず        福地 義雄
川舟の打ち上げられて月見草        木村 静子
裾濡るるも厭はずただに水を打つ      鈴木あるの
七月やきりりと森の引き締まり       古川 邑秋
人を許せと神は言へども原爆忌       友永基美子

                       氷室集
傘鉾や稚児の袖の緒揺れつゆく       栗本 德子
炎熱の跡をとどめし忘れ物         河村 純子
ころころと胡瓜まはして胡瓜切る      鈴木 春菜
たくさんのこと忘れても夏だから      小嶌 和
秋田蕗刈るや大空傾けて          佐々木 成
顔よりも大きな百合の匂ひけり       川内 麻美
流木と遊ぶ汀や夏の果           川内 一浩
薪を割る無言の汗や登り窯         伊藤 惠
阿弗利加の毒とはこれぞ甜瓜        大石 高典
青蜥蜴遁走までの刹那かな         山本 京子
初夏の古物市に迷ひ込む          山本 真也
やりとりの速き筆談かき氷         宮澤 淑子
手入れなき土蔵に育ち燕の子        三原真紀子
原爆忌祖父の秘密を吾子が知る       田中 勝
黒子かと思ひしが壁蝨掌に         西五辻芳子
旧友と話の尽きぬ鱧の膳          鈴木あるの
木苺の摘んで摘んでと赤くなり       酒井 富子
有東木の山葵門外不出にて         宮原亜砂美
時々は足下を打つ団扇かな          仁田 浩
道ふさぐ蛇の全長動かざり         髙橋キセ子

2019年9月

 氷華集        当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
梅雨晴や官庁街の土匂ふ          伊藤 武敏
きしきしと茄子の皮剝くらいてう忌     鴻坂 佳子
北窓に夏日うつろひ醤油蔵         宮澤 淑子
六月や伸びきつてゐる藁の蛇        渋谷 啓子
郭公やそろそろ帰らねばならぬ       川内 一浩
梅雨の間の水平線や予約席         中嶋 文子
森古るや毛虫の羽化の矢継ぎ早       西村みゑ子
水芭蕉の沼へ続きぬ獣道          佐々木 成
新聞を切りぬく音の梅雨湿り        髙橋キセ子
ガス燈や小樽運河の夕薄暑         四宮 陽一
郭公や鉄路の音の遠くより         羽鳥 正子
六月の夜のにぎはしき田んぼかな      酒井 富子
子燕の巣立ちを名残惜しきとも       南田美惠子
水溜り跳ぶか廻るか梅雨晴間        中島 冬子
一人より二人はさみし梅雨の入       西五辻芳子
白川の流れゆるらか額の花         城島 千鶴
帽子取りて鳥居をくぐる涼しさよ      鈴木あるの
麦藁の金の束めく日暮かな         吉田多々詩
サングラスかけたる犬の巻尾かな      大石 高典
                       氷室集
回峯の行者駆けゆく河鹿沢         栗本 德子
操らるるごとががんぼの壁伝ひ       鴻坂 佳子
父の日や父亡きを子が父の役        河村 純子
憂きことの多き日なれど薔薇真紅      朝田 玲子
行きは踏み帰りは含み桜の実        川内 麻美
夕立の真中ぽかんとグラウンド       鈴木 春菜
飴を練るひと日卯の花腐しかな       髙橋キセ子
黄菖蒲の濠へ影なす古墳かな        宮澤 淑子
揚梅の樹の高みより土佐の海        栗本 一代
落城の藩主の越えし遠青嶺         佐々木 成
無学祖元禅師の端坐かつと夏至       益子 桂子
太宰忌や用水涸れて名を残す        中村 順次
黒き犬大あくびする薄暑かな        大石 高典
梅雨寒やデモの末尾に傘さして       小嶌 和
倒木をくぐりくぐりて登山かな       野木 正博
鏡像の上下転ぜず夏近し          仁田 浩
大砲の音のありけり夏の富士        宮原亜砂美
豊作の枇杷の実鳥と分かちけり       南田美惠子
万緑や何処より来る滝の音         鈴木あるの
ががんぼの追はれし部屋のどんづまり    川内 一浩

2019年8月

 氷華集       *当月の雑詠から尾池和夫 抄出 
                       氷壺集
晩春の月がぽあんと海の上         伊藤 武敏
河鹿鳴く岩を祀りし修験跡         真下 章子
バーボンの水割を飲む闇を吞む       四宮 陽一
次々と幼な泣かせて祭獅子         南田美惠子
ほめられて稚児並びゐる仏生会       益子 桂子
涼しさや子規庵句座の写生の図       木村 静子
村人の暮しの糧に蕨生ふ          佐々木 成
焙炉師や常は庭師の顔を持ち        中島 冬子
聞きなれし声が筍抱へ来る         酒井 富子
薔薇に薔薇触れ薔薇園の円舞めく      髙橋キセ子
教授室見下ろす枝に鴉の巣         大石 高典
鍵盤の指の躍動夏来たる          中嶋 文子
明日葉や島の古家に雨しとど        城島 千鶴
カルデラや蟇の卵の乾く風         羽鳥 正子
そのかみの河内木綿屋柿若葉        宮澤 淑子
朝月の銀鈴めきて雪解富士         鴻坂 佳子
似顔絵師を見るとなく見てゐる薄暑     川内 一浩
角石に堪ふる城碩五月晴          鈴木あるの
朝食は私の仕事豆の飯           川上 和昭

                       氷室集
麦秋や電車一輛絵のごとく         本多 智惠
餌用の蚯蚓飼ひゐる男の子         藤本 隆子
軒下に間借りのごとき雨蛙         中野 悦子
方角の摑めぬ街や汗拭いて         真下 章子
街分かつ河岸段丘桐の花          長浜 利子
父と子の声天井へ菖蒲の湯         鴻坂 佳子
うちの子と決め手迎ふる初蛍        前田 鈴子
葱坊主時刻表見るランドセル        山中ひでの
なにはいばら咲く挿木して五年目に     城島 千鶴
新緑や平和の鳩と広島に          田中 勝
緑蔭の糺の森や鳥のこゑ          片山 旭星
ありなしの風に鳴る絵馬青葉闇       森 すゞ子
朝買ひしバナナの房が夜は消え       小野塚佳代
母の日に母と歩むや石畳          小野塚久子
一年生の朝のあいさつ靴揃へ        森 裕子
春風や玄武洞への渡し船          塚本 郁子
朝の光うけて蜥蜴の動かざる        大野千鶴子
河鹿鳴き瀬音一瞬消えしとも        東 俊子
たわわなる実を願ひゐる柿若葉       福地 義雄
人混みに気づきし葵祭かな         鈴木あるの

2019年7月

 氷華集        当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
己が掌の蒲公英の絮君が吹く        川内 一浩
ボレロめく仔牛の跳ねて牧開        伊藤 武敏
きゆるきゆると刻みて母へ春キャベツ    中嶋 文子
春愁やおやつのやうに薬飲み        遠藤 長代
朝刊の無き日の暇よ百千鳥         酒井 富子
芽柳やまだ休ませてある水車        髙橋キセ子
猪牙舟の岸と呼びあふ遅日かな       鴻坂 佳子
寓居跡誰とも知れず雪柳          四宮 陽一
朧夜やブラックホールとふ写真       益子 桂子
正門を飾る蔦の芽農学部          城島 千鶴
欲張れば友とはぐるる蕨採         南田美惠子
つばくらめ無人駅舎を下見に来       渋谷 啓子
かぎろひの浦の奥なるチャペルかな     西村 みゑ子
春愁やひとり勤務の司書の昼        羽鳥 正子
鈍行の軋み蛙の目借時           真下 章子
神木の枝の揺らぎや鳥交る         佐々木 成
湯の花のさらりと溶けし啄木忌       大石 高典
山国に海豚の化石春うらら         長浜 利子
三椏を咲かせしづもる平家谷        木村 静子
                       氷室集
燕来る屋根に石置く蜑の村         佐々木 成
画眉鳥に負けじと燕こゑを張る       長浜 利子
逃水を追ひ越して行くポルシェかな     山本 真也
清明の水をとりこむ草木かな        鈴木 春菜
廃村に蝌蚪の犇めく水のあり        福田 将矢
取りあへず蒲公英に聞く道案内       河村 純子
眠さうな蛙畝ごと起こしけり        髙橋キセ子
苔付けし水車が春の日をこぼす       野木 正博
毛づくろひされぬ猿をり春の昼       大石 高典
山野草食はれてしまふ春の闇        羽鳥 正子
土筆煮るあれほどの嵩これほどに      仁田 浩
蘖や土のケーキに小花さし         山本 京子
色鉛筆無心に遊び子どもの日        中野 悦子
逆打ちの遍路や金比羅宮の坂        牛田あや美
尼僧らの声をとめめく野蒜摘み       朝田 玲子
花追うて天神川を五条まで         中嶋 文子
四月馬鹿こだはりてゐてパン焦がす     川内 麻美
折畳傘の小さし花の雨           川内 一浩
川に沿ふ桜並木の蛇行せり         渋谷 啓子
十返りの花や復元武家屋敷         城島 千鶴

2019年6月

 氷華集       *当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
風神の袋からつぽ木の芽晴         伊藤 武敏
川港の名残の杭や葦の角          佐々木 成
日溜りに猫ゐる風の涅槃かな        髙橋キセ子
句碑の辺の裏や表や落椿          中嶋 文子
春の草鋤き込む畑の土煙          酒井 富子
上枝下枝音なく揺るる涅槃の日       益子 桂子
別れ路のたびに迷ひて雪柳         川内 一浩
手枕の仮寝と思ふ寝釈迦かな        羽鳥 正子
復興の波止しろじろと涅槃西風       鴻坂 佳子
トンボロや背負籠かろく磯菜摘       宮澤 淑子
レコードの針浮き沈み春深し        木村 静子
土筆とは命冥加と祖母のゑむ        中島 冬子
午後に消ゆ比叡の山の春の雪        南田美惠子
水送り火の粉に神の水垂らす        吉田多々詩
哲学の道への標雪柳            四宮 陽一
天神に竈社のあり臥竜梅          城島 千鶴
みちくさの子の手に余るつくしんぼ     遠藤 長代
山襞に狼煙のごとく杉の花         長浜 利子
朝の陽を受けてたゆたふ石蓴かな      森 すゞ子

                       氷室集
犯人は春の鼬ぞ能舞台           河村 純子
画数の多し蛙の目借時           小嶌  和
修二会果つ煤けし貌をふきて褻に      栗本 德子
曲屋の歳月負ひし土の雛          佐々木 成
古墳より命いただく野蒜かな        宮原亜砂美
菜の花の色濃く散りて母の家        鈴木 春菜
しろかねの岳に真向ひ剪定す        髙橋キセ子
今日おやき昨日てんぷら蕗の薹       酒井 富子
半端なき象の放尿山笑ふ          川内 麻美
蕗味噌の華ある香りかと思ふ        川内 一浩
着任の挨拶のごと初音あり         長浜 利子
けふはしも一声藪の初音かな        城島 千鶴
遠き日の米に換はりし雛かな        前田 鈴子
春愁や展示に子規の幾何ノート       木村 静子
春雷や光向かうに幼き日          栗本 一代
石垣の弾痕蛙の目借時           山本 真也
苗札を立てて媼の独り言つ         真下 章子
三月や子の新しき靴並べ          山本 京子
茎立の力いただく朝餉かな         渋谷 啓子
倒木を遊びどころと百千鳥         南田美惠子

2019年5月

 氷華集        当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
薬局の待合を分け流行風邪         中嶋 文子
地下牢は背丈の深さ春の塵         羽鳥 正子
出来立ての風の秩父よ寒の朝        伊藤 武敏
鳥獣の足跡あまた雪の寺          佐々木 成
薔薇の芽に名のありリリー・マルレーン   四宮 陽一
二ン月やひびきやすくて竹の幹       髙橋キセ子
風花の乱るる荒磯実朝忌          鴻坂 佳子
二ン月や疏水を濁し重機立つ        城島 千鶴
春寒し仔牛に厚き布を着せ         渋谷 啓子
紀国へ香り十里の梅見かな         中島 冬子
洛北へ残雪の嶺越えにけり         吉田多々詩
前列は実のなる木々や植木市        古川 邑秋
道真の無念のほどよ梅の花         鈴木あるの
ミシン踏む春のひかりを縫ひ込んで     真下 章子
海凪ぐに鶯は声残しゆく          西村みゑ子
芍薬の芽のいろ雨後の土の色        酒井 富子
春の闇ラ・カンパネラ弾くは誰       西五辻芳子
春の牡蠣日に日に太り締切日        大石 高典
棟上げの空晴れわたり春隣         益子 桂子
                       氷室集
湯拭きせし馬のまつげや風光る       朝田 玲子
竹馬の大人の高さ子の高さ         鈴木 春菜
音もなく何ごともなく椿落つ        栗本 一代
雪国に生きて降る雪また恐れ        佐々木 成
薄氷や吾児抱く母の回り道         三原真紀子
骨格標本小顔なるかな春近し        仁田 浩
鳥帰る藻畳のみがしづかなり        山本 京子
二ン月やジャズに各国語の集ふ       中嶋 文子
身体の約七割が春の水           山本 真也
焙烙の文字の幼さ節分会          栗本 德子
うららかや眼鏡の度数うたがうて      吉田 達哉
はじめての「ぼく」のひとこと春隣     鈴木さやか
立春の山影かくれなく展け         羽鳥 正子
力抜くも力のひとつ椿落つ         中野 梓
焙烙になぐり書きめく厄払         宮原亜砂美
踏絵無き国や春日に牛を引く        鈴木あるの
綾取やセーターいまだ未完成        中野 悦子
忘れ鎌出できし錆の雪間かな        髙橋キセ子
春疾風荒神橋を駆け抜くる         大石 高典
立春の風と競ひて走りけり         吉田多々詩

2019年4月号

 氷華集       *当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
寒鯉の重なり沈む水の黙          髙橋キセ子
入道のやうなる漁師冬の雷         伊藤 武敏
而して歯の痛みだす小晦日         鴻坂 佳子
革命に遭ひたるゲームお正月        中嶋 文子
寒卵茹でれば重くなりしとも        川内 一浩
初富士や領巾ふるごとき雲のたち      宮澤 淑子
女正月膳に若狭の笹かれひ         中島 冬子
玲瓏とかがよふ大河年新た         佐々木 成
太陽の塔によつきりと冬晴間        城島 千鶴
松の内過ぎて音なきおもちや箱       山中ひでの
亡き画家の絵に力得る初暦         大石 高典
七歳に七種粥を言ひ伝へ          田崎セイ子
お降や言霊といふ力欲し          西五辻芳子
一灯のゆるるがごとし独楽の果て      吉田多々詩
見定めてどんど盛るを引き倒す       羽鳥 正子
読み札の姫の一枚失せてをり        木村 静子
上州の風に切干し仕上がりぬ        長浜 利子
釣舟の舫ふ深川年暮るる          四宮 陽一
鳥どちの見えずしんしん雪の空       酒井 富子

                       氷室集
神遊びせむと帯締め男衆          河村 純子
紙を漉く吉野の水は凍らざり        小嶌  和
人の訃に雲のとどまる寒暮かな       髙橋キセ子
ありふれし朝にて福来雀かな        三原真紀子
幽閉に似し古里の雪の朝          川竹 美樹
離陸後の余韻にゐたり薺粥         朝田 玲子
八幡宮に松籟深し実朝忌          宮澤 淑子
鳳凰の雲生す空やお元日          城島 千鶴
森昏し獣を見張る尾白鷲          佐々木 成
牡蠣焼や世間話も網の上          田崎セイ子
佳日なり手編みマフラー巻いて出る     吉田多々詩
カザルスの鳥の歌聴く春の空        山本 京子
笹鳴や神宮林に日の差して         森 すゞ子
神主と僧待つならひにて四日        酒井 富子
冬の虹仰ぐや祈りとどけむと        川内 一浩
厳冬や火を恐れざる猿のゐて        宮原亜砂美
若菜摘む堰の田水の光りけり        遠藤 長代
寒雷の一度つきりや鍋煮立つ        鴻坂 佳子
冬ぬくし手術の痕に掌をあてて       仁田  浩
冬ひと日白湯に始まり白湯に終ふ      中井 昭雄

2019年3月号

 氷華集        当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
磐梯の山塩効かせ冬至粥          伊藤 武敏
火事跡を喰ひ尽くすかにショベルカー    中嶋 文子
雪吊が空へ伸び切る城址かな        佐々木 成
浄財箱抱へ来る僧冬木立          鴻坂 佳子
雪千トン室に蓄へ酒造り          遠藤 長代
鯉あげの売手買手や大焚火         城島 千鶴
小春日の腹ふくよかに藁の牛        髙橋キセ子
罪なくも括られてあり冬の菊        山中ひでの
戒壇廻り冷たき錠にゆきあたる       宮澤 淑子
囲炉裏火に馬が顔出す夕餉かな       西村みゑ子
海風を捉へ乾鮭うらがへす         羽鳥 正子
犬の墓従へ冴ゆる王墓かな         木村 静子
冬眠の主起せしか庭掃除          中島 冬子
暮早し列車待つ間の椅子硬き        渋谷 啓子
愛犬に皮の雪沓老猟師           大石 高典
お迎への母待つ幼ナ暮早し         益子 桂子
これからも良き師であらむ日記買ふ     吉田多々詩
年の瀬の目覚まし時計午前五時       真下 章子
鬼瓦黒く濡らして冬の雨          四宮 陽一

                       氷室集
気嵐や動かぬ鮭の流れゆく         宮澤 淑子
越前の広野に低く冬の雁          栗本 德子
囃子方去りて火鉢の尉残る         河村 純子
風紋の犇きたてる冬の浜          佐々木 成
綿菓子に顔うづめたき小春かな       栗本 一代
髪置の儀式知らずに髷ゆはれ        西五辻芳子
お念仏立ちしまま聞く大根焚        城島 千鶴
憧れは犬とペチカのある暮し        川内 麻美
ずつしりと銀杏落葉の袋数         鈴木 春菜
極月の渋のしみある指の先         髙橋キセ子
霜除の藁をついばみ雀どち         羽鳥 正子
荷車に南瓜とこども感謝祭         鴻坂 佳子
ダヴィンチの絵の捨てられず古暦      山本 京子
除夜の鐘生きねばならぬから生きる     小嶌 和
短日や薬のむこと忘れゐて         森 すゞ子
行けば行くほど雪催なれど行く       山本 真也
短日や暮るる事のみ確かにて        川内 一浩
こはごはと抱くうさぎの鼓動音       荒木 昭代
毎年よ寸をたがへず餅を切る        長利 子
山裾を長き貨車ゆく十二月         真下 章子

2019年2月号

 新・氷華集      当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
十日干し十日の縮み吊し柿         高橋キセ子
高台院の情念のごと冬の月         伊藤 武敏
冬三日月氷河の際に石の家         鴻坂 佳子
象潟や大きくかかる冬の虹         佐々木 成
雨雲に帰路急かさるる吊し柿        中嶋 文子
溶岩の崩落の跡ななかまど         川上 和昭
極楽の輝きと見ゆ寒夕焼          吉田多々詩
綿虫の届かぬみ空ありにけり        川内 一浩
山の色は雨に変はりし鵙のこゑ       羽鳥 正子
ブータンの数珠つまぐるも暮の秋      西村みゑ子
どんぐりの三度弾んで谷の底        中島 冬子
山かぶらどれをとつても違ふ貌       大石 高典
紅葉且つ散る鬼太郎の港町         四宮 陽一
講釈のやたらくはしき菊花展        南田美惠子
師逝くや百舌鳥の高音を一入に       友永基美子
雪吊に緩みほどこす庭師かな        遠藤 長代
神鶏の檻に舞ひこむ落葉かな        木村 静子
天守跡を掌中にして紅葉山         渋谷 啓子
連峰の山肌見ゆる寒さかな         真下 章子

                       氷室集
弔文の筆の途切れる寒夜かな        佐々木 成
火影さす神楽の笛の嫋々と         栗本 德子
七人の小人のボスは雪女郎         山本 真也
小石にて描くけんけんぱ夕紅葉       川内 麻美
稲刈りや株握る手に覚えあり        野木 正博
新米は雪の香のして炊き上がる       鴻坂 佳子
喪の家を風吹き抜けて木守柿        栗本 一代
熱燗や母も酔ひたき夜がありて       三原真紀子
有明の月と並走舞鶴へ           石原ゆき子
冬ぬくし北京に来しと思はれず       鈴木あるの
宜蘭なり冬田に水の張られあり       小嶌  和
新調の長靴軽し赤のまま          古川 邑秋
冬の朝二人の卓に皿二つ          川内 一浩
小春日や黒板塀に醬の香          宮澤 淑子
鳰のゐて波の騒ぎのなかりけり       吉田多々詩
初氷なれど厚きを掲げ見す         高橋キセ子
雪女郎と思ふ無言の電話切る        西五辻芳子
塗香して写経する窓紅葉映ゆ        中村 順次
蜜蜂のダンスここよと枇杷の花       宮原亜砂美
田より立ち山端にかかる冬の虹       渋谷 啓子

2019年1月号

 新・氷華集      当月の雑詠から尾池和夫 抄出
                       氷壺集
地虫鳴く昭和支へし炭坑に         伊藤 武敏
どんぐりに追ひ越されたる坂の道      中島 冬子
さらさらと升をあふるる今年米       髙橋キセ子
身に入むや犇めき祀る陶狐         森 すゞ子
十あれば十の音色にひよんの笛       羽鳥 正子
尊皇の二文字の塾や露しとど        川上 和昭
旅の地図閉ぢて拡げて秋の空        益子 桂子
古里がにはかに恋し雁の空         佐々木 成
翡翠の朝の声あり伊豆の宿         城島 千鶴
炉話に身をのりだして夜の深し       遠藤 長代
古墳よりふはりと出でし秋の蝶       四宮 陽一
畑越しや籠の茸をひと摑み         鴻坂 佳子
虫すだく真闇のさきの地蔵堂        宮澤 淑子
紙袋の折目きつちり今年米         渋谷 啓子
木の実割る鴉の智恵をまのあたり      木村 静子
キリマンジャロその裾野なる鰯雲      大石 高典
山鳩のこゑのくぐもる後の月        西五辻芳子
秋寂ぶや秩父事件を読む札所        酒井 富子
北国の稲架眺むるも母はなく        立石 律子

                       氷室集
木の実置く掌は百歳の温みにて       東  俊子
黒猫が前肢縮め十三夜           三原真紀子
ただいまと母に戻る天高し         河村 純子
父逝きし霎時施候に            山本 京子
鴨川に白き朝来て白き息          小嶌  和
紙飛行機追ふ少年や鰯雲          栗本 一代
八瀬の地の切子燈籠揺らぎゆく       栗本 德子
台風が過ぎしころなり夕御飯        鈴木 春菜
コスモスやビオラ抱へて少女来る      佐々木 成
穂を撫でて籾種の株選びけり        中村 順次
行く秋や五指なめらかに鶴を折る      吉田多々詩
オブラートの厚さ気になる鵙日和      羽鳥 正子
でんと置くおばけかぼちやを門番に     西五辻芳子
アンパンマンのあ音の響き小鳥くる     鴻坂 佳子
日暮なほ籾磨小屋に声のあり        酒井 富子
やや寒にやや驚きの南予かな        鈴木あるの
ひとところ夕日離れず石蕗の花       髙橋キセ子
小鳥来る白きノートに子の手形       宮澤 淑子
段取りの半ばを釣瓶落しかな        前田 鈴子
流木をダム湖に寄する野分かな       古川 邑秋